八つ橋の差し入れをいただきました

こんにちは。文京区本郷で「一戸建て・土地・マンション」などの不動産の買取・売却・販売を専門に行っている空き家買取センターの新人スタッフです。

最近、休日に人の外出が増えてきたように感じるのは私だけでしょうか。
リモートワークをされる方が徐々に減ってきたり、大学で対面授業が再開されたり、コロナウイルス流行前の元の生活スタイルに戻す動きが活発になり始めたように感じます。

そんな中、弊社取扱い物件でお世話になっているリフォーム業者様から、八ツ橋を京都出張のお土産にいただきました。とても美味しく久しぶりに関西の味を堪能させていただきました!

ところで八ツ橋と聞いて、みなさんはどんな食べ物を思い浮かべますか。次の写真のうち、どちらが八ツ橋かみなさんはお分かりになりますでしょうか?

そうです。実はどちらも八つ橋ではありません!
というか袋に書いていましたね。
正確には「生」八ツ橋、もっというと、右側は「つぶあん入り生」八ツ橋になるようです。

私もおそらくはみなさんと同じで、八ツ橋と聞くと生の三角形のものを思い浮かべるのですが、本来は生地を焼いたものを指すそうで、米粉・砂糖・ニッキを混ぜて蒸した後、薄く伸ばして生地を焼き上げた煎餅の一種を(焼き)八ツ橋と呼ぶそうです。



焼き八ツ橋の商品一例

出所:聖護院八ツ橋総本店より(https://shop.shogoin.co.jp/)

GoToトラベルキャンペーンに関し9月15日に行われた国土交通省、赤羽大臣の会見を受け、ついに来月10月1日からこれまで除外されてきた東京都民の旅行が割引対象となることが正式に発表されました。これから旅行や出張で京都に行かれる方が増えるのではないでしょうか。

その際には、ぜひ、本場の(焼き)八つ橋と生八つ橋を食べ比べしてみてください。
もちろん、マスクや小まめな消毒もお忘れなく。

空き家買取センターでは、空き家についてお困りの方から幅広くご相談を承っております。是非お問い合わせください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


空き家の売却のご相談はこちら

無料査定依頼